今月の農作業(3月)柑橘

JAありだ営農指導課

はじめに

今月から、剪定や春肥の施用など本格的な管理作業が始まります。特に3月に入ると日ごとに暖かくなり、ミカンの樹体内部では発芽や開花の準備が進みます。適期を逃さないように計画的に作業を進めましょう。

また樹勢が低下している園では、暖かい日を選んで窒素主体の液肥を7日間隔で数回散布し、樹勢を回復させましょう。


剪定について

今年は管内園地の調査の結果【表1】からみても、結果母枝数が多いことから、着花量は多いと予想されています。

【表1】温州みかんの枝あたりの母枝数

H26 H27 H28 H29 H30 平年
極早生 23.7 12.9 19.0 14.1 27.0 22.0
早生 24.7 15.5 22.2 16.5 26.8 21.7
普通 18.2 15.4 17.8 14.8 20.5 17.8

結果母枝の多い表年の樹の場合、隔年結果を抑えようとして強剪定になりがちです。しかし剪定では効果的に隔年結果が収まり難いばかりか、強剪定により樹が暴れたりしてさらに隔年結果がひどくなる恐れがあります。

また、以前まで剪定は、「枝に光を万遍なく当てるために樹形や収穫等の作業性の良さを重視した整枝をすることが良い」と思われていましたが、高品質果実生産や、隔年結果是正のためには強剪定はせず、できるだけ樹の性質・状態に沿って、樹形や枝の配置をシンプルに作る事が必要です。

剪定方法には、基本的に切り返し剪定と間引き剪定があります。亜主枝が垂れ下がってきたり、樹冠が拡大し隣の樹と接近してくると切り返し剪定を行いがちですが、切り返した枝の先端に枝葉が発生することから、どんどん樹冠が拡大しフトコロに葉が少なくなっていきます。【図1】

 本来、切り返し剪定とは、生長を促す剪定であり、苗木や樹勢の弱い樹に行うものです。フトコロへ葉を戻すためにも間引き剪定主体で同年枝を切除することが重要です。

剪定方法

剪定方法は、同年枝を間引き剪定で切除して下さい。同年枝を切除する事でフトコロまでスペースができ、新葉の発生を促せます。【図2】

今月の農作業(3月)柑橘

今月の農作業(3月)柑橘

また主枝の本数は一樹当たり2~3本であり、それ以上発生している場合は切除して下さい。主枝の数が多ければ多いほど、枝同士が接近していることから整枝しにくく、樹冠が拡大され密植になり、隔年結果にもつながります。

一度に整理すると強剪定になり、一年での剪定量は葉数で樹全体の2~3割程度減らすことを目安にし、毎年少しずつ同年枝を減らしていきましょう。

太い同年枝を切除する場合は、切り口の角度に注意して下さい。細い結果枝等は、切り口が上を向いても樹が暴れる可能性は低いですが、太い切り口が上向きになると樹は暴れてしまいます。できるだけ切り口は幹に沿って垂直(横向)になるように切除する事が重要です。幹に沿うと切り口は大きくなりますが、癒合が早くなります。【写真1】

【写真1】

今月の農作業(3月)柑橘

翌年の結果母枝を発生させるために予備枝を設定することも一つの方法ですが、隔年結果の是正には摘蕾や枝別全摘果が効果的です。夏秋梢が多く発生している樹は基本的には今年着果させた後に切除するようにしましょう。

春肥の施用

春肥は、春梢や花の充実・幼果の発育に必要な養分を与える役割があることから、収量を安定させるためには重要な養分です。地温が10度以上になると根が活動を始めます。3月上中旬を目途に施用しましょう。

除草

雑草の除去は、養水分の吸収を高めるだけでなく、地温を上昇させ、開花を揃えることにもつながります。春肥を施用する前に早めの除草を心掛けましょう。

病害虫防除

冬季にカイガラムシ類やミカンハダニの防除を行っていない場合のみ、3月中下旬に夏マシン油乳剤(97%)を60倍〜80倍で散布しましょう。但し樹勢の低下した樹への散布は控え、樹勢回復を優先して下さい。

ページトップへ

  • JAありだの自己改革
  • 今月の農作業(柑橘)
  • Instagram
  • Facebook
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • ミカピーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • オンラインショッピング ECサイトへ
  • 直売所ありだっこ 詳細はコチラ
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困ったときの連絡先
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットローン
  • ATM稼働時間一覧
  • ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 組合員・利用者さま本位の業務運営に関する取組方針
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • 反社会的勢力対応にかかる基本方針
  • 休眠預金活用法に関するお客様へのお知らせ
  • 「つみたてNISA」対象ファンドの選定理由について
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • JAバンクメールオーダーシステム
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2018 JA ARIDA. All Rights Reserved.