今月の農作業(11月)柑橘

JAありだ営農指導課

樹上選別

収穫間近となっている早生温州では、収穫直前まで園地を見回り、樹上選別で日焼け果、傷果、大玉果など低品質の果実を除去して、高品質な果実収穫に努めましょう。また、秋芽の発生を抑制するために残しておいた天成り果や軸太果もこの時期に摘果しましょう。この時は果実だけでなく、果梗枝の基部から切除することが重要です(図1)。
 水平に比べ立った果梗枝などは勢いが強く、春に長い芽が発生します。そのような強く長い芽には再び、軸の太い、大玉低品質な果実ができる可能性が高くなり、それが要因となり樹形を乱すことに繋がりますので果梗枝の基部より切除して下さい。

今年は日焼け果の発生多い

今年は特に日焼け果の発生が多くみられます。9月中旬にまとまった降雨があり、それ以降に発生が多くなったと考えられます。8月号にも書いたように日焼け果の発生には着果量の差が大きな影響を及ぼしています。今年は全体的に着果量が少なく、果実1個に分配される養水分の量が多くなり、果梗枝の太い、上向きの果実が多く、日焼け果が発生しやすい着果状態になっていることが要因です。

摘果タイミングの重要性

また、着果量が少ない樹は仕方がないとしても摘果のタイミングが早すぎることで日焼け果の発生を増加させている園地が多く見られます。仕事の段取りを優先したり、着果量が少ないのに、毎年同じ時期から摘果を始めたりするなど摘果時期が早すぎると、肥大が一気に進むとともに果梗枝が太くなり、果実は上を向いた状態になりやすくなります。摘果時期が1番早い極早生温州で日焼け果の発生が多いのはこのためで、摘果時期の遅い普通温州では発生が少ない傾向です。早期摘果では隔年結果、品質低下、果皮障害の発生など様々な弊害が生じ、変化する気象の中で対応することが難しくなってきていますので、来年のことにはなりますが摘果のタイミングを今一度考えるようにして下さい。
 今年は梅雨が長引いたことや、8月中旬以降に降雨が多かったことにより果実品質は低い状態となっています。今からできることは限られていますが摘果が1番の品質向上対策だと思います。収穫直前まであきらめず、摘果作業を頑張っていきましょう。

図1

秋肥の施用

秋肥は樹勢の回復と耐寒性の向上、花芽の分化や新梢の伸長充実などに影響し、連年安定生産のために非常に重要な肥料です。
 施肥時期は、早生温州で10月下旬~11月上中旬が適期です。施肥量は10アール当たり窒素成分で12kgを目安に行って下さい。施用時期が遅くなると、気温低下により地上部へ養分の分解・吸収が進まず、肥効が悪くなります。また、流亡して無駄になることがあるため、適期に適量を施用しましょう。
 マルチ被覆園については収穫後に必要に応じてかん水を行い、窒素成分主体の液肥を2~3回程度葉面散布するなど、樹勢の早期回復を図りましょう。液肥は、尿素500倍などを散布しましょう。
 着果量の多少に関係なく施用することがポイントです。着果量が少ない樹には肥料を施用しないという人がいますが、大きな間違いです。着果量が少ない樹ほど養水分を引っ張るための果実がないため葉色が悪くなり、樹勢が低下している可能性があります。また、来年は花の量が多くなるので今後、樹勢が低下してしまいます。これらを防ぐために着果量に関係なく秋肥を施用して下さい。

果実腐敗対策

腐敗果の混入は他の健全果に腐敗が移るだけでなく市場・消費者からの信用を失うことになります。生産者一丸となり「絶対に腐敗果は混入しない」という強い気持ちで取り組みましょう。

防腐剤の散布

収穫前には必ず防腐剤を散布しましょう。散布薬剤はベフラン液剤25(2000倍)、トップジンM水和剤(2000倍)、ベンレート水和剤(4000倍)です。
 また、果実成熟期に集中した雨や台風によるスレ傷、泥はねなどで褐色腐敗病が発病します。防除薬剤は、ランマンフロアブル(2000倍)または、レーバスフロアブル(2000倍)を散布して下さい。降雨後に気温が高い場合は多発しますので、発生が見られた園地では、早急に防除を行いましょう。

ハナアザミウマ

去年はこの時期からの発生が多くなりました。着色の良い園地や毎年被害が出ている園地は特に注意するようにして下さい。定期的に園地を観察し、発生の確認しだい防除を行って下さい。

ページトップへ

  • 農家川柳(有田版)
  • 今月の農作業
  • Instagram
  • Facebook
  • JAありだの自己改革
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • ミカピーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • オンラインショッピング ECサイトへ
  • 直売所ありだっこ 詳細はコチラ
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困ったときの連絡先
  • 便利なJAネットバンクをご紹介します
  • もっと身近に。JAバンクアプリ
  • 10月からキャッシュレス決済で最大5%還元がスタート!
  • 年金口座はJAバンクがお得!!
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットローン
  • ATM稼働時間一覧
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 組合員・利用者さま本位の業務運営に関する取組方針
  • 組合員・利用者様本位の業務運営に関する取組状況およびKPI実績値の公表について
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • マネー・ローンダリング等および反社会的勢力等への対応に関する基本方針
  • 休眠預金活用法に関するお客様へのお知らせ
  • 「つみたてNISA」対象ファンドの選定理由について
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 口座開設・住所変更のお手続きはこちら
  • JAネットバンク
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • FAQ(よくあるご質問)
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2020 JA ARIDA. All Rights Reserved.