地場農産物の充実で魅力ある直売所へ。

IMG_8649

 JAありだは2日、有田川町のきびドームでファーマーズマーケット「ありだっこ」の第4回出荷者大会を開きました。安全・安心の徹底と新鮮な地場農産物の充実で、多様化する消費者ニーズに応え、魅力ある直売所を目指します。

 大会には、生産者やJA職員など関係者ら約150人が出席。2013年度の事業実績や活動内容を報告し、14年度の事業計画について説明しました。

 13年度の販売高は4億8659万円で前年比121%、来店者数は26万4664人で前年比111%。生産履歴記帳や残留農薬の自主分析検査など、食の安全・安心を担保する取り組みの徹底や、生産者と消費者の交流の場づくりを進めてきたことで消費者の信頼を獲得し、4年前の開店以来、販売高は順調に推移しています。

  しかし、地場産率は、果実部門が93%に対して野菜部門は65%となっており、直売所の魅力向上には野菜部門の地場産率向上が不可欠です。ありだっこでは地場産野菜が不足する時期に出荷量を確保してくれる『地場産野菜応援隊』を新たに結成し、魅力ある直売所へ取り組みを強化します。

  • JAありだの自己改革
  • 今月の農作業(柑橘)
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • みかぴーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困っとき野連絡先
  • ATM稼働時間一覧
  • ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。
  • Facebook
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • 反社会的勢力対応にかかる基本方針
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • JAバンクメールオーダーシステム
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2017 JA ARIDA. All Rights Reserved.