青年部が作業請負 「有田農業」を元気に

請負① 請負② 請負③  JAありだ青年部で結成する「密植伐(みっしょくばつ)ターズ」は、管内の柑橘園地で間伐や剪定などの請負作業を始めました。

  9日は金屋地区6園地、10日は広川地区3園地と湯浅地区2園地で作業を行い、青年部員21人、JAの営農指導員ら4人が参加しました。参加者らは、剪定の仕方など、互いに技術交流を図りながら、作業に汗を流しました。

  高齢農業者にとって、重いチェーンソーを使っての間伐は重労働。そのため、品質向上には必要と理解しつつも、作業が進まないのが現状です。また、剪定は、専門知識と技術を必要とするため、兼業農家の中には苦手とする人も大勢います。他にも、作業に多大な時間がかかるため、人手不足の農家には、大きな負担がかかります。

  「密植伐ターズ」は、こうした高齢農業者や兼業農家らの作業負担を減らし、地域農業の活性化を図ろうと活動を続け、今年で結成14年目を迎えます。丁寧な仕事で仕上がりが良いことから、「任せて安心」と地域からの期待は膨らむばかりです。

  青年部員は、現在92人。参加者らは、自園地での適期作業があるため、請負には制限を設けているが、可能な限り利用者の期待に応えたい考えです。作業は、3月下旬まで続きます。

  日茂健夫青年部長は「活動の輪を広げ、継続していくことで、元気溢れる「有田農業」を目指したい」と話しました。

  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • みかぴーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困っとき野連絡先
  • ATM稼働時間一覧
  • ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。
  • Facebook
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • 反社会的勢力対応にかかる基本方針
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • JAバンクメールオーダーシステム
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2017 JA ARIDA. All Rights Reserved.