農業塾 温州ミカン摘果実習

  JAありだは19日、吉備営農センターで2回目となる農業塾を開きました。塾生30人が、営農センター付近の園地で摘果実習を行いました。

 摘果は、着果量を適正に調整することで、隔年結果の防止や果実肥大を促進するなど、高品質なミカンに仕上げるための重要な作業です。

 今回は、日当たりが悪い樹冠内部のフトコロ、スソの果実を取り除く粗摘果(あらてっか)を学びました。

 講師を務めたのは、JAの営農指導員ら。塾生らは、摘果の目的や仕方の説明を聞いた後、樹を囲み、「着果の多い樹と少ない樹での摘果の仕方の違いは?」などと講師に質問しながら摘果を行いました。

 実習を終えた塾生は、「ミカン作りを始めたばかりなので、具体的な摘果の仕方が解って良かった。」「早速、自園地で試したい。」と話しました。

 次回は、8月第4週目に、仕上げ摘果を学ぶ予定です。

農業塾摘果①農業塾摘果③

農業塾摘果②

 

 

 

 

 

 

 

■摘果について、以下のページでも紹介しています。

http://www.ja-arida.or.jp/agrinavi/02.php

  • JAありだの自己改革
  • 今月の農作業(柑橘)
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • みかぴーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困っとき野連絡先
  • ATM稼働時間一覧
  • ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。
  • Facebook
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • 反社会的勢力対応にかかる基本方針
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • JAバンクメールオーダーシステム
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2017 JA ARIDA. All Rights Reserved.