農業人としての決意新た 「農業塾」閉講式

農業塾

 JAありだは5日、有田川町の本所で「農業塾」の閉講式を開きました。受講生のうち38人が出席し、農業人としての決意を新たにしました。

 農業塾は、担い手育成で地域農業の振興を図ろうと今年初めて開校。「柑橘コース」「野菜コース」「花卉コース」の3コースを設け72人が受講していました。受講生はそれぞれ7から10回の講習を受け、農作業の基礎知識を学びました。講習と平行して家庭でアスターを育て、JAファーマーズマーケット「ありだっこ」へ出荷した受講生もいました。

 JAでは今後も取り組みを続けることで農業人口を増やし、有田農業のファン拡大に期待しています。

 閉講式で岩倉常寛組合長は「食の安全・安心を支えるのがJAの役目。農業塾で経験したことを活かして安全でおいしい作物を作り、家族を喜ばしてほしい」とあいさつしました。

 受講生からは、「教えられたことを実践して、おいしい野菜が作れた」など喜びの声が多数聞かれました。また、「講義数を増やし、少し高度な技術を教えてほしい」などの意見もあり、多様な要望にどう応えるかが今後の課題です。

 営農指導課の吉川敏之課長は「今後、より充実した農業塾となるようみなさんの声をつないでいきたい」と話しました。

  • JAありだの自己改革
  • 今月の農作業(柑橘)
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • みかぴーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困っとき野連絡先
  • ATM稼働時間一覧
  • ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。
  • Facebook
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • 反社会的勢力対応にかかる基本方針
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • JAバンクメールオーダーシステム
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2017 JA ARIDA. All Rights Reserved.