親子料理教室と防災教室

  JAありだ女性会フレッシュミズ部会は、令和元年7月27日に親子料理教室と防災教室を開催しました。

  午前の親子料理教室では、ちゃぐりん誌に掲載されているレシピを使い、エビチリ・トン汁・おにぎり・スイカのシャーベットの4品を作りました。ちゃぐりん誌に掲載されている料理は、材料や手順が難しすぎず、親子でも楽しく美味しく作る事ができました。特にエビチリが簡単にできて美味しかった、と好評でした。

  また、JAありだ女性会の中田会長による、家の光誌に掲載の防災料理の試食やグッズの紹介と、ちゃぐりん誌に掲載された「濱口梧陵」についての朗読をおこなっていただきました。濱口梧陵は津波防災の先駆者であり、私たちの住む和歌山県広川町を襲った地震による津波の際には、稲むらに火をつけて高台までの目印とすることでたくさんの人々を救い、その後も村を守る為に私財を投げ打って堤防を造ったすごい人なんだよ、ということを学びました。

HP1HP2

 

 

 

 

 

 

HP3HP4

 

 

 

 

 

 

HP6HP5

 

  午後からの防災教室では、3Wわかやまウィメンズワッチタワーの市場先生を講師にむかえ、「減災にむけて親子で備えよう」をテーマに、非常持出袋を見直してみよう!ということで、参加者に持参していただいた非常持出袋の中を確認しました。家族がはぐれてしまった時用に集合写真を入れている方や、キレイなタオルを入れている方もいました。市場先生は、「いいですね、この他にも筆記用具を用意したり、水に濡れても大丈夫なようにジップロックの袋に入れておくと良いですよ。」と、様々なアドバイスをしてくれました。

  また、「袋のチキンラーメンは砕いて分けてお湯を入れるだけなので便利だよ。」と試食を行い、非常食に向いている食べ物についても教えていただきました。

  最後には、子ども達からも「非常持出袋はどこに置いておいたらいいですか。」「飼っているペットはどうすればいいですか。」など、自分の身の回りで災害が起きた時の疑問を先生に質問していました。

  いつ大きな地震や台風などの自然災害が起こり、ライフラインが切断されてしまうかもしれない中、自分達の安全を守れるよう、今備えるべきことを親子で学びました。

 

HP7HP8

 

 

 

 

 

 

HP9HP10

 

 

 

 

 

 

  • 農家川柳(有田版)
  • 今月の農作業(柑橘)
  • Instagram
  • Facebook
  • JAありだの自己改革
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • ミカピーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • オンラインショッピング ECサイトへ
  • 直売所ありだっこ 詳細はコチラ
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困ったときの連絡先
  • 便利なJAネットバンクをご紹介します
  • 10月からキャッシュレス決済で最大5%還元がスタート!
  • 年金口座はJAバンクがお得!!
  • JAバンク新規ご利用特典
  • JAネットローン
  • ネットローンスタートアップキャンペーン
  • ATM稼働時間一覧
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 組合員・利用者さま本位の業務運営に関する取組方針
  • 組合員・利用者様本位の業務運営に関する取組状況およびKPI実績値の公表について
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • マネー・ローンダリング等および反社会的勢力等への対応に関する基本方針
  • 休眠預金活用法に関するお客様へのお知らせ
  • 「つみたてNISA」対象ファンドの選定理由について
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 口座開設・住所変更のお手続きはこちら
  • JAネットバンク
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • FAQ(よくあるご質問)
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2019 JA ARIDA. All Rights Reserved.