一元集荷販売で所得向上目指す

IMG_0955 JAありだ直営のAQマル南選果場とAQ中央選果場は今日(7日)、ハウスミカンの一元集荷販売をスタートさせました。一元集荷による出荷コストの削減と安定出荷で、生産者の所得向上を目指します。

 JAでは、ハウスミカンの生産者減少でコストパフォーマンスを考え、集出荷の一元化を検討していました。ダンボールや選果場などを統一することで生産資材や作業員のコスト削減が見込めます。また、極早生の「上野早生」や「ゆら早生」、早生の「宮川早生」や少加温栽培のグリーンハウスなどラインナップが豊富なことから、出荷計画がさらに容易になり安定出荷につながります。

 4月の曇天で他産地の出荷が遅れる中、前年と同日の初出荷となりました。出荷量は1.5㌧。2015年産のハウスミカンは、全体で115㌧を計画しています。

  • JAありだの自己改革
  • 今月の農作業(柑橘)
  • from Wakayama,Japan‘s mikan contry(Arida mikan/ENGLISH)~日本みかんの里 和歌山から 有田みかん~
  • 組合長のご挨拶
  • ミカピーのご紹介
  • みかぴーの『よい食クイズ』
  • ありだ写真アルバム
  • 特産レシピ
  • 食農教育の取り組み
  • JAありだ女性会
  • JAの活用術
  • 困っとき野連絡先
  • ATM稼働時間一覧
  • ATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。
  • Facebook
  • ちゃぐりんキッズスクール
  • 利益相反管理方針
  • 金融商品の勧誘方針
  • 金融円滑化への取組み
  • 反社会的勢力対応にかかる基本方針
  • 行動計画
  • 女性活躍推進法に基づく行動計画
  • 金融ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • 共済ADR制度における苦情処理措置および紛争解決措置について
  • JAバンクメールオーダーシステム
  • JAのはじめて共済
  • ココ・カラ。和歌山
  • みんなのよい食プロジェクト
  • サイトマップ
  • リンク集
  • ご利用にあたって
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針

Copyright (C) 2017 JA ARIDA. All Rights Reserved.